• kwa1258kwa

ヨガを始めて変わったこと




実は自分は「ヨガをやってる人」にはならないと思っていました。


自他とも認める体育会系の私は

小学生の頃は少年野球、ソフトボール、

中学校でバスケットボール、

社会人では11人のサッカー、

子供が小学校に入ってからはまたバスケットと

団体スポーツで球技ばかりやってきたので、

何か「ヨガ」ってハードル高く感じていました。


あと「意識高い人」と勝手に思いこんでいました、笑



【変わったこと①】体を正しく伸ばせる



実際に始めてみると、ヨガってものすごく日常に近いものでした。


子供の頃、ラジオ体操が身近にありましたが、

ラジオ体操以上に身近なものだと感じています。


朝起きて伸びをする、

体を軽くストレッチする、


わりと普通にしますよね。


このときに、ヨガを知ってからの伸びと、

知らなったときの伸びが全く違うんです。


正しく体を伸ばせるようになりました。


同時に軽いストレッチも行いますが、

スポーツをやっているとストレッチは必ず行いますが、

年齢とともに、伸ばしているつもりが伸びていない

ということが起きます。


スポーツをやっていたときは「筋肉」を伸ばしていました。

加齢とともにスポーツをしなくなると伸ばす筋肉がなくなっているんです。


つまり、日常生活で使っている微々たる筋肉を

しっかり奥から伸ばしてあげないと、ストレッチの意味がありません。


ヨガのポーズを学び、伸ばし方を教わってからの

朝、起きたときの軽いストレッチは今から動く日常生活のために

とても心地よいものとなっています。



【変わったこと②】筋肉がついた


ヨガを「真面目にやろう」と思ったのは

整体にいったとき、スポーツトレーナーの資格を持っている方に

「隠れ肥満ですね」

と言われたことがキッカケです。


隠れ肥満って何??


という感じでしたが、

どちらかというと「痩せている」と言われがちな私ですが、

ついている肉がほとんど脂肪ということです。


その少し前から何人かの占い師さんに

「体が悪くなっている」

「このままだと、老後しんどくなるよ」

などと言われていました。


そんなに不健康な生活はしていないのに?


という気持ちもあり、

言っているのが占い師さんということもあり、

あまり深刻に受け止めていなかったのですが、


「隠れ肥満」で検索すると、出るわ出るわ、怖い話。


  • 筋肉の衰え

  • 血管の老化

  • 低体温化

  • 消化不良

  • 糖尿病・・・


マズイ、このままだと子供らに迷惑をかける体になってしまう!


ということで、まずは基礎代謝を上げるべく真面目にヨガをすることにしました。

ホットヨガですが、週3回は必ず行くことを決心し、

コツコツと通ってきました。


ヨガは筋トレではないので、筋肉モリモリを目指しているわけではありません。

基本的にはまずは「インナーマッスル」です。


始めの頃は、少し足を開いて踏ん張ることすらもきつくで

足がプルプルしていました。


インストラクターの先生に

「お腹に力を入れて!!」

と言われるのですが、力が入りません・・・


ホントに筋肉ないんだなーと実感しました(泣)


ほんの一年前までバスケットをしていたのに、

たったの一年でみるみる筋肉が衰えたことにびっくりです。


コロナもあり、買い物くらいしか出かけずに仕事ができてしまっていたのも

大きな原因かと思います。


40代以上の人は気を付けた方がいいですよ!


それが、週3回地味にコツコツとヨガを行っていたことで

半年で平均体温が0.5℃は上がりました。

35.8~35.9℃が平均体温だったのに、今は36.4℃くらいです!


多少キツめのレッスンもこなせるようになりました!!


50歳直前でも筋肉はちゃんとつくんですね!



【変わったこと③】歩き方がまっすぐになった


ヨガではつねに「重心」を感じさせられます。


足の裏3点(親指の付け根、小指の付け根、かかと)を意識して

どこに自分の重心があるかを感じるように指導されます。


どんなポーズでもそのときの軸を感じ、

重心を感じることで、だんだん自分の足のどこに力が入っているのかが

わかるようになってきました。


「歩くことは重心移動」と教わってから

歩きながら、自分の重心移動を意識するようになり、

気が付くと靴の底のかたよった減り方がなくなっていたんです。


ヒールをはいて一日歩くと、中指の付け根あたりが

いつも痛くなっていたのですが、それもなくなりました。


歩き方が変わると、太ももの肉のつき方が変わるんですね。

横に出ていた肉が、後ろに移動しました。

そして、少し上に上がってくれたので、見た目が良い方向へ動いています。


これは私が自覚したのではなく、

前から定期的に診てもらっていた整体の先生に

「肉のつき方が変わったね」

と言われたんです。


歩き方がまっすぐになると、足の形も良くなるんですね!



さいごに・・・


私は「腰痛もち」で一年に一回は立てなくなるような状態になり、

2~3日寝込んだりしていたのですが、

ヨガを本気でやるようになってから腰痛がなくなりました!


理由はいくつか考えられます。

  • 身体を支える筋肉がついた

  • 仕事の合間のストレッチで上手に柔軟できている

  • 歩き方も含め、姿勢がよくなった

腰痛は体の歪みが原因となることも多いです。

日常的にストレッチをして、部分的に筋肉が固まることがないようにするだけで

大きく変わってくると思っています。


私は特別「ヨガ信者」ではありませんが、

実際に50歳前という年齢でも、半年で体が変わったので、

良いものなんだなーと実感しています。


これからは子供のためにも健康でいることが大事だと思っているので、

今後もしっかりと通っていきたいと思っています。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示