• kwa1258kwa

リンパの流れと仕組み




基本的なことですが、私たちの体は、

  1. 口から栄養を摂取する

  2. 内臓がエネルギーにするために分解する

  3. 必要な栄養素を体中に届ける

  4. 不要なものは排出する

という流れで生きています。


この循環がスムーズであれば健康が維持され、どこかに支障があると健康が維持されません。


リンパはこの4.不要なものを排出する部門で働いています。

 


リンパの役割


リンパは、毛細血管から出た水分のうち、再吸収されずに組織間隙に残った組織液であるリンパ液と、免疫細胞のリンパ球で構成されています。


リンパ液を回収して血管内に戻すリンパ管は全身を巡り、その途中にリンパ球を沢山抱えているリンパ節があります。


全身に600〜700個あるリンパ節は、ウィルスや細菌などが入ってくるとリンパ球を起こして戦いに出します。


リンパの流れは手足の末端から、中心に向かって一方方向となっていて、心臓のようなポンプ機能がないため、臓器の動きや、骨格筋運動によって、12時間以上かけてゆっくりと流れています。


血液は40秒で全身を巡るので、比較すると、ものすごくゆっくりしていますね。


そのため、デスクワークなど座りっぱなしの状態や、立ちっぱなしで流れづらくなってしまうとリンパ液が溜まってしまい、むくみの原因となります。


適度に足の筋肉を動かしたり、足を上にあげてリンパが流れるようすることが必要です。



リンパマッサージが免疫力を高める理由

「リンパマッサージで免疫力アップ!!」というフレーズはわりと良く目にしますが、なぜリンパマッサージをすることで、免疫力がアップするのかを説明します。


血管は心臓のポンプ機能を使って血液を流し、細胞に酸素を与えて、二酸化炭素と老廃物、水を吸収して心臓・肺に戻っていきます。


しかし、持っていく酸素や栄養分・水分より、持って帰る二酸化炭素・老廃物・水分のほうが多いんです。


そのためどんどん、末端に老廃物や水分が溜まってしまうのですが、そこで登場するのが「リンパ管」です。


リンパ管は血管と同様にほぼ全身に張り巡らされていて、各細胞から血管では吸収しきれない老廃物や水分を運び、最終的には鎖骨下で静脈に流れ出します。



ここで問題となるのが、リンパの流れです!

リンパの循環を上げていくと、リンパ球が活性し免疫力アップにつながります。


ここで登場するのがリンパマッサージです。


リンパマッサージの順番は、出口に近いところほど、詰まりが出ている可能性が高くなるため、そこから流れを整えることで、全身の巡りが良くなると考えられるので、鎖骨に近いパーツから行うのが良いでしょう。 鎖骨、首肩、顔、脇や腕、お腹、脚の付け根、脚全体という流れを意識してマッサージを行います。


リンパを流す方向は、一番近くにあるリンパ節に向かって流します。逆らって流すとリンパの流れを妨げになる可能性があるので、注意してください!




リンパマッサージとデトックス


リンパマッサージは、リンパ管を流れるリンパ液を流れやすくすることにより、体の毒素・老廃物や余分な水分を排出(デトックス)しやすくします。


リンパ液によって運ばれた毒素・老廃物・余分な水分は、一度リンパ節に集められ、そこで血管に送られて、さらに腎臓で尿となり、体外へ排出されます。


体内の毒素には、食品添加物・有害ミネラル・摂りすぎた水溶性ビタミン・細菌などがあり、老廃物は、古い細胞やタンパク質代謝の結果生じるアンモニア、尿素、尿酸などがあります。


リンパマッサージで、リンパ管をそっと押し流したり、リンパ節を刺激したりすることにより、通常はゆっくり流れているリンパ液の流れがよくなり、毒素や老廃物が体外に排出されやすくなるのです。



ここまで書いていて「リンパの流れをよくすることって大事なんだ!」と思いました(笑)

私は水溶性珪素(シリカ)を飲んで、2~3日後から首回りが痒くなり、その後わきの下のリンパ周りが恐ろしいくらいに荒れました。

ぶつぶつで痒くて辛かったです・・・


その時の写真を記事に掲載しています→コチラ


そのときにリンパの先生と話す機会があり、症状を診てもらったところ「アトピー性皮膚炎の子が、ステロイドをやめて自然療法にしたときの出方に似ている」と言われました。


結局、血液の中にあったコレステロールが溶け出し、さらにもともとあった皮膚の老廃物と一緒に表に出てきたようでした。


今はすっかり治りましたが、リンパ節で処理しきれない老廃物や毒素を抱えていたと思うとぞっとします。

これからは、体内に毒素や老廃物をためないような生活を心がけようと誓ったのでした。



7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示