• kwa1258kwa

珪素(シリカ)が健康で美しい体を作る理由

更新日:4月23日



「もっと早く出会いたかった」


私の率直な気持ちです。



CBDオイルと出会ったことをキッカケに、仕事として「健康で美しい体を作るための商品を扱う」と決めた2021年早々。


今までも比較的「健康・美容オタク」として様々な商品を使用してきたのですが、

「人にお勧めしたい」

と強く思うほどではなく、自己満足をしてきました。


「人にお勧めしたくなるような良い商品」にアンテナを張った瞬間に出会ったのが

水溶性珪素(シリカ)です。



少し前から健康・美容業界では多く取り上げられているため、名前を知っている人は多くいますが、実際どのような働きをするのかを説明していきます。



珪素(シリカ)とは・・・


(漢字よりもケイ素と書かれていることが多いので、この記事でもケイ素と書きます)


ケイ素とはミネラルです。


ケイ素は、脳にある内分泌器の松果体、骨、間接、血管、皮膚、毛髪、歯、爪などに多く含まれていて生命維持に欠かせない必須微量元素です。


生命維持に欠かせないということは、日常の食べ物などに含まれているのですが、

現代の食生活では大幅に不足しています。


【不足している理由】

・農作物が人口肥料、農薬を使用して作られているため、含有栄養素が少ない。

・加工食品は多くの添加物が含まれ、毒素摂取量が多く、排出が追いつかない。

・環境の変化による免疫力の低下。


他にも現代社会においてのライフスタイルが大きく影響しています。


ケイ素は成人1人あたりの一日の消耗が約10mg~40mgと言われていて、

加齢によってさらにケイ素を摂取力がみるみる減少していきます。


ケイ素を補給するには、主に野菜類からですが、食物からの吸収が非常に難しくなっていて、吸収される量は極めて少ない現状の中で体内ケイ素は不足していくばかりで、

その結果、病気や体調不良を招く要因となっています。


美容的にもケイ素はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどを構成する物質で結合組織を丈夫にするため、不足すると結合組織が弱くなり、しわやたるみにつながっていきます。


せっせとコラーゲンやヒアルロン酸を摂取しても、ケイ素が不足すると無駄になってしまうわけですね。



病気の原因を排除するために



健康で美しいからだを作るためには、病気にならない健康な生活を手に入れる必要があります。そもそも「病気になる原因」を知らないといけません。



【病気になる原因】

  1. 腸内環境の酸化(腐敗)

  2. 栄養失調

  3. 知らないうちに摂取する毒


このような原因がなぜ病気を引き起こすのかを説明し、ケイ素がその原因に対してどのように働くのかを確認していきます。




腸内環境の酸化(腐敗)


腸は栄養を吸収し、外敵(細菌やウイルス、有害物質)から守る免疫器官でもあります。

腸内環境を整えることで70%~80%の病気から体を守り、病気を癒すことができるのですが、現代は酸化しやすい食品が増え、腸内が酸化しやすくなっています。


腸内が腐敗すると、善玉菌が減少し、悪玉菌が増加します。

それにより有害物質が体内に多量に侵入し、エネルギー不足となり臓器不全、白血球減少などにより「癌」などの病気につながるのです。


ケイ素には強い還元力(抗酸化力)があり、物質を酸化(腐敗)させません。


〈ケイ素の抗酸化力を確認する実験〉


釘を、水道水と水溶性珪素10%追加した 

水に入れて放置した実験。


写真は2013年8月~2014年3月に放置し撮影したもので、2021年現在も写真と同じ状態です。


比較のケイ素はウモプラスという当社の販売商品を使用。




腸内が腐敗せず、善玉菌が元気に働くと・・・

  1. タンパク質や糖質を分解したり、繊維質を分解して消化を助ける。

  2. コレステロールや中性脂肪、糖の代謝に影響し、血清中の成分を適正な値に改善。

  3. 腸内のph値を調整し、病原菌の増殖や有害物質の産生と吸収を抑える

  4. 発がん物質を分解し無害化する

  5. 免疫系の働きを活発にする



栄養失調


私たちの体は約60兆個の細胞で作られていて、各臓器や器官に約60種類の栄養素を供給することで、新陳代謝が行われていいます。


毎日新しい細胞が作られながら生きているのですが、約60種類の栄養素の内、ひとつでも不足すると栄養失調になります。


サプリメントなどで、しっかりと栄養を摂取しても末端の臓器や細胞のすみずみまで届けないといけません。そのために大事なことは「血管の状態」です。


血管が老化すると、必要な栄養が届けられず病気になる大きな原因となります。


ここでのケイ素の大きな働きは「血管の浄化」です。

ケイ素は油を分解(乳化)して水のようにし、免疫機能を高める働きもあるので、ケイ素を積極的に摂取することで、血管が浄化され、必要な栄養素が毛細血管のすみずみまで届けられるようになります。


ケイ素を積極的に摂取し、血管のケアを始めると、目には見えませんがその日から効果が出てきます。

血管年齢の測定値に反映するには少し時間がかかりますが、確実に良い変化が起きます。



知らないうちに摂取する「毒」



毒は食物経由が97%、大気の呼吸からが3%体内に取り込まれています。


【身近な毒】

  1. 養殖の肉、魚などの加工食品に含まれている保存料、漂白剤、乳化剤、増粘剤など

  2. 野菜や肉に含まれるアク、塩化マグネシウム、臭素

  3. 青物野菜の肥料に含まれ、残留される硝酸性窒素

  4. 魚介類へ蓄積され、大型魚類へ食物連鎖で含まれる重金属、ヒ素

  5. その他、化学物質、添加物など


これらの有害物質は、ある一定レベル以上蓄積されると病気を発症します。

体内の毒素や老廃物は、体内エネルギーが低下すると、体外に排出できなくなります。

そうなると、毒素や老廃物を脂肪組織の中に溜め込み、肥満の大きな原因となるのです。


正しい体の働きは、あらゆる臓器や器官で毒素を排出しようします。

皮膚の吹き出物や、下痢などは自然な代謝反応です。


食品に混入し、腸から吸収された毒性物質は、腸壁の血管から肝臓に送られ、肝臓内で毒物を分解、解毒されてまた腸に排出され、ケイ素をたっぷり含んだ食物繊維やミネラルによって体外に排出されます。


また、老廃物や毒素を含んだ体液は、血管やリンパ管を通じて腎臓に運ばれます。

腎臓は老廃物や毒素、不要な成分をろ過して体外へ尿として排出します。


このような様々な排泄機能は、毛細血管を通じて正常に流れるため、ここでも血管の健康度が大きな鍵となるのです。


ケイ素は血管を柔軟にし、乳化力により悪玉コレステロール等血管を詰まりを浄化し、血流をよくする作用があります。


柔軟性があり、血流がよい血管により臓器や抹消細胞に酸素と栄養素を届け、細胞の新陳代謝が活発に行われて、細胞内の老廃物や毒素がどんどん排出されていきます。



まとめ


ケイ素は人の体に必須微量元素でありながら、現代社会の食生活で摂取することが難しくなっています。

その反面、多くの毒素を含んだ食生活を送っていくのが現状です。


そのため「年を重ねたら病気になる」のが当たり前で、病院から処方された薬を飲むことに疑問がない方も多くいらっしゃいます。

しかし、自分自身の免疫力を高め、病院にかからずとも健康維持することができるのであれば、その方がいいですよね!


ウモプラスは純度99%のシリカ(水晶石)を2,000℃で燃焼し、濃縮溶解させて価値ある成分だけを抽出した水溶性の結晶を、さらに溶解させた濃縮液です。

水溶性珪素をはじめ、6種類のミネラル(ケイ素・マグネシウム・鉄・マンガン・リン・リチウム)がイオン化されている溶液となっています。


ウモプラスはあなたの健康増進のお役に立ちます!







6回の閲覧0件のコメント