低電位水素茶製造ボトルとは・・・


「お茶」の持つ抗酸化力を最大限に引き出す最先端の「魔法瓶」!
ボトルにお茶を入れるだけで簡単に水素茶が出来ます。

このボトルは、電解水方式で作る還元水や水素ガス混入の水素水等とは異なり、自然界の摂理を忠実に守り、
物質の持つ小さな振動(サトルエネルギー)の組み合わせから生まれるイオンや静電気を利用して、抗酸化力の強いお茶を作り出します。

お茶をこのボトルの中に入れて頂くと空気中で言うところのマイナスイオンが徐々に溢れ出し、お茶が低電位化すると同時に水素量も増えて行きます。

連続使用の場合、約5時間お待ち頂ければ普通のお茶が最高の「低電位水素茶」に生まれ変わります。

 

【水素の働き】

活性酸素の中でも、最も酸化力が強く、細胞膜や細胞内の核、ミトコンドリアのDNAを傷つけるヒドロキシルラジカルを抑制し、活性酸素が原因で引き起こす異常な状態を正常に戻す働きがあります。
活性酸素を体内で中和・除去して、無害な水に変えてくれるのが水素です。
 

【酸化還元電位】(ORP)

酸化還元電位とは、ある物質が他の物質を酸化しやすい状態にするのか、または還元しやすい状態にするのかを表す指標です。
この値がプラスで大きければ酸化力が強く、マイナスが大きければ還元力が強いということになります。簡単に言えば、酸化(錆びる、腐る、老化を意味する)したものを還元する(元に戻す)能力を示す指標です。

 

 

●使用上の注意点(これだけは絶対に守ってください)
①使い始めにお茶を入れてください。24時間放置後(これでボトルが起動します)、このお茶は捨ててください。
②お茶を入れてから12時間(約半日)でできあがります。
③水は反応しません。(お茶を入れてください)
④20℃以下の場所では反応が鈍くなります。
⑤ボトルを冷蔵庫に入れないでください。
⑥できあがったお茶はすぐ他の容器に移し保管してください。
⑦他の容器に移したお茶は冷蔵庫で保管してください。
⑧お茶を煮ださないでください。
⑨温かいお茶を飲みたい時はお湯で割ってください。
⑩約35℃のお茶をボトルに入れると早く水素茶になります。熱湯は避けてください。
⑪連続で使用の場合は早く水素茶になります。(約35℃で連続使用すると5時間程度で水素茶ができます)
⑫白い糸くずのようなものが出た時は長い時間入れすぎです。(糸くずのようなものが出た場合は茶漉しで濾してください)

低電位水素茶製造ボトル 還元くん(ピンク) 税込

¥26,000価格